頑張るママナース

12歳と10歳の子供を育てる
シングルマザーです。
看護師として、フルタイム・夜勤あり
忙しい毎日の中で
気になったこと
役立つ内容
日々の事柄を
まとめていけたらと思っています。

    カテゴリ:ママナース > シングルマザー



    (出典 himalab.com)



    1 ガーディス ★ :2019/03/17(日) 02:35:20.11 ID:foVmc4Mg9.net

    FNNの取材に「女性の心を利用して、こういった犯罪に及んだということが、とてもわたしたちは悪質で許せない。阿部譲(被告)は、ひきょうで、こうかつで、根っからの悪人だと思う。シングルマザーの子どもを狙った犯罪ですので...」と怒りをあらわにしたのは、被害に遭った女の子の母親。

    相手の人物は、女児4人に乱暴するなどし、強制性交の罪などに問われている山形市の広告代理店社長・阿部譲被告(35)。

    12日、懲役11年の実刑判決が言い渡された。

    2014年6月から2018年3月にかけて、当時、4歳から9歳までの女児4人に対し、乱暴やわいせつな行為をしたとされる阿部被告。

    犯行時、裸の画像をスマートフォンで撮影するなどしていた。

    阿部被告は当時、複数の女性と交際し、相手の娘を預かるなどして、会社の事務所などで犯行に及んだとされている。

    以前、阿部被告に離婚の相談をしていたという別の被害女児の母親は、「自分の都合で離婚して、子どもにも寂しい思いをさせているというのはすごくあったので、(阿部被告から)『自分なら助けてあげられるよ』というようなことを言われると、1人で頑張らなくてもいいんだなと思ってしまって、そこにうまくつけ込まれたのかなと」と話した。

    そして、阿部被告は母親に対し、「彼から(娘を)『預かるよ』というような発言が何度もあったような記憶がある。“この日忙しいんだ”ということを話題にすると『じゃあ預かろうか?』、『この時間1人にさせてあげるよ』というようなことは、口癖のように言っていた」と話した。

    母子家庭を狙い、力になりたいと接近してきたという阿部被告。

    これまでの公判で、被告は、わいせつな行為を認める一方、乱暴する意思はなかったと主張。

    12日の判決公判で、山形地裁は一部乱暴する意思を認めなかった一方で、「ゆがんだ性的欲求から14回にわたって、わいせつな行為を繰り返した」として、懲役11年の判決を言い渡した。

    この判決に、被害女児の母親は、「(懲役11年は)短いと思う。わたしたちの娘が小さいころに受けた被害、そのあと11年男が刑務所に入っていたとしても、ちょうど(出所が)恋愛する時期なんです。その時期にきっと苦しむと思う」と話した。

    https://sp.fnn.jp/posts/00413976CX
    前スレhttps://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1552437964/


    【【極悪】「母子家庭の力になりたい」そう言ってシングルマザーに近づき4〜9歳の娘らにわいせつ 元社長に「懲役11年」】の続きを読む



    (出典 dol.ismcdn.jp)



    1 ばーど ★ :2019/04/07(日) 08:15:18.96

    シングルマザー残高1万円「必死」 幸福県福井で訴え「生きる保証を」

    通帳の預金残高は1万円ちょっと。走行距離12万キロの軽自動車の車検の支払いは、ローンを組むしかない。小学生と園児の子を持つ福井県のシングルマザー、30代の繁子さん=仮名=は「一日一日を必死に生きている。先を考えると不安しかない」と話す。

     古いアパートで3人暮らし。一つの布団で3人が川の字で寝ている。ケーブルテレビをひくお金はなく、民放は2局しか映らない。

     子どものことで仕事を休むことがある繁子さんは、正社員になれず、派遣社員として勤務。小学校の給食費は、指定の口座から引き落とされるが、残金が足りず、学校側から封筒で催促がくる。

     「保育園の無償化もいいけど、お金がかさむ小学校こそ完全に無料にしてほしい」。成長すれば、体操服だって新調しなければならない。

     今年のゴールデンウイークは10連休。「迷惑。託児所に預けて働いても、差し引きでお金は減る」。折り合いの悪い実家は頼れず、家計の窮状は誰も知らない。

    ■ ■ ■

     10年前に調停離婚した、福井県の明美さん(41)=仮名=は、中学1年生の息子と実家暮らし。約3年前から、正社員として勤務している。

     18歳まで支払われるはずの元夫からの養育費振り込みは1年前に途絶えた。「実の父親の責任って何だろう。逃げ得のよう」。でも、元夫とはかかわりたくない。

     「結婚は幸せの形のように言われるが、そうでない現実もある。子を持つ責任をしっかり教える場が、教育の中にあってもいい」

     結婚後に知り合った人たちは、離婚を機に全員離れていった。残ったのは昔からの友達だけ。収入は20代から右肩下がり。「人生、こんなに転げ落ちるのか」。離婚によって何もかも失った気がした。

    ■ ■ ■

     明美さんは知り合いの高齢女性に、離婚した過去を打ち明けたことがある。女性は「父(てて)なし子にして…」と、距離を置くようになった。子どもが保育園に通っているときは、ほかの母親たちの目が気になり、迎えに行くのがつらくなると、母親に頼んだ。

     小学校の運動会では、父子で出場する競技があった。配慮のない競技にがくぜんとし、息子からは「僕だけお母さんなのは嫌だ。恥ずかしい」と言われた。

     「福井は3世代同居で若夫婦が稼いで、祖父母が孫の面倒をみる、という形が当たり前の世界」と明美さん。幸福度日本一という内容の新聞記事を見ると「自分は少数派だということを思い知らされて」つらくなる。

     周囲からは再婚を勧められることも多い。しかし、多くのシングルマザーは、子どもへの虐待を心配して踏み切れないと口にする。

     シングルマザーらを支援する団体「フルード」(福井市)の木村真佐枝代表(46)は「ひとり親にも生きる権利は認められている。でも安心して生きる保証は与えられていない。どんな家族の形であっても、明るく生きていける福井であってほしい」と願う。

    2019年4月5日 午後5時10分
    福井新聞
    https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/829954

    (出典 fki.ismcdn.jp)


    ★1が立った時間 2019/04/06(土) 22:43:23.89
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1554584726/


    【【苦労】シングルマザー、通帳残高1万円…幸福県福井で訴え「生きる保証を」】の続きを読む



    (出典 allwin-inc.co.jp)



    1 ばーど ★ :2018/10/30(火) 19:21:18.66

    書店から参考書25冊を万引したとして、兵庫県警明石署は30日、窃盗の疑いで明石市に住む高校3年生の女子生徒(18)を逮捕した。「参考書を買うお金がなかった」と容疑を認めている。

    逮捕容疑は、29日午後7~8時ごろ、JR明石駅前の大型書店で、「指数・対数が面白いほどわかる本」などの学習参考書25冊(計約3万6千円)を2回に分けてかばんに入れ、盗んだ疑い。

    同署によると、女子生徒は最初に10冊ほどをかばんに入れて店を出た後、再び入店し、さらに10冊ほどを詰め込んで店内をうろついた。警備員が不審に思い声を掛けたところ、かばんから参考書が出てきた。「自分で使うためだった」と供述しているという。

    10/30(火) 18:18
    神戸新聞NEXT
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00000015-kobenext-l28


    【【兵庫】「買うお金なかった...」 女子高生が参考書25冊を万引 「指数・対数が面白いほどわかる本」など自分で使うため/明石】の続きを読む


    私は離婚して9年目。
    結婚していた時にも私の独身時代の貯金を切り崩して生活してきた。
    まぁ、そのお金を返してとは言わない。
    でも、養育費はさ、「払う」って約束したじゃん。
    私も、「『お父さんとは一緒に住んでなかったけど、○○達が困らないようにお金を送ってくれてたよ』って通帳を見せるから。生活費に使わず子供の教育費の通帳を作るから」って言ったじゃん。
    子供の為に、定期的に会わせてるけど、「払う払う詐欺」もいい加減にしてほしい。
    そろそろ、子供もわかる年齢だよ。



    【養育費について】の続きを読む

    このページのトップヘ